AX-ON
axon

WORKS /

《日テレ デジテク2014》 日本初!4K全天周実写動画を公開

2014/03/25-26 汐留・日テレタワーで開催された「デジテク2014 」、4K実写動画としては日本初となるドーム型全天周映像のデモ上映をさせていただきました。予想を超える多くの皆さまをお迎えして、4K全天周映像への期待をひしひしと感じる二日間でした。

■日本初の4K全天周実写動画作品とは
これまでもプラネタリウムなどでは、CGやアニメの動画作品は公開されてきましたが、全天周4K実写動画としては日本初の試みとなります。「ベイスン&レンジの奇跡」という今回の作品は、米国コロラド高原に六億年前の地球の姿を今も残す大自然を描いたもので、360°実写動画に囲まれる全く新しい映像体験を生み出しました。

■岡三グループ神楽洞夢(三重県津市)で公開中
岡三証券90周年記念事業の一環で、創業の地、三重県津市に作られたデジタルドームシアター神楽洞夢(カグラドーム)で、この4月から上映しています。 直径14.4mの巨大ドームスクリーンに4Kプロジェクター5台によって再現される大自然は迫力満点!地底から、空から、様々な視点と時間を自由に飛び交い、太古の地を体感できます。

■過酷な大自然に挑むため、 「1カメ魚眼レンズ」を選択
高度3000m超、氷点下10度以下となる過酷な現場を考慮して、今回は1カメ魚眼レンズで撮影に挑みました。 その映像は想像を超え、ただでさえ難しいといわれる全天周撮影を難所で成し遂げた事は大きな自信となりました。

■デモ上映、9分の1規模でも多くの期待の声!
デジテクでのデモ上映では、直径5mの仮設エアドームシアターを設置、HDプロジェクター1台で行う簡易的なものでしたが、定員15名の上映は毎回満員となり、多くの驚きの声と共に、「4K8Kの未来と可能性を感じる」とありがたい賞賛を頂きました。今後は常設のプラネタリウムをデジタルドームシアターと捉え、様々な全天周エンタテインメント作品を提案していきたいと考えております。どうぞご期待ください。

(協力:岡三証券グループ、日本科学技術振興財団)

WEB
/news/ax-on-4k8k/

WORKS