AX-ON
axon

Site Report

NEWS /

2022.04.21

JOYSOUNDを運営するエクシング様からの企画募集で見事採択

大貫聖太朗

大貫聖太朗
映像事業センター 映像制作部

    • 絵コンテを描く筆者
      絵コンテを描く筆者

      CMや企業プロモーション等を制作している私たちの部署内での企画募集で、毎回手を挙げ企画を提出し、先輩方にもまれながら何度も参加していました。
      なかなか上手い企画が立てられず苦労続きでしたが、そこは負けじと、いろいろな先輩方にアドバイスをもらいに行ってました。そして、そのやり取りも回数を重ねるうちに、直しが入る回数も減っていき、徐々にしっかりとした企画書を作れるようになっていったと実感していました。そんな特訓の成果もあり、採択に至りました!
      これまで直しが入るは何度かありましたが、撮影を一から行い作り上げていくのは今回が初めてです。

    • 作品動画からのキャプチャ・採点チャート
      作品動画からのキャプチャ・笑顔のお客さんをイメージしたイメージ映像
      作品動画からのキャプチャ RecTV Powered by レコチョクの機能を視覚的に表現

      制作期間中はとにかく必死でした。特にこのディレクター業務と共に別の案件ではアシスタント業務などを並行して行っており、大変でした。仕事の立場や内容によって使う脳ミソが全然違うので、切り替えが上手くできず、普通のディレクターならすんなり終わる作業も倍かかっていたように思います。

      そんなディレクターとしてはピカピカの1年目の僕も、現場に出ればクライアントや出演者、カメラマンなどからは、1ディレクターとして見られるため、不安な様子は見せられません。そのため、入念な準備を行い、頭の中で何度も何度もシミュレーションを行って現場に臨みました。
      それでも現場で色々悩んでしまいましたが・・・出演者含め、技術スタッフの皆さんや制作陣などが物凄く協力してくれたので何とか現場を終えることができました!

    • 大学時代から映像は作っていたのですが、仕事で作るようになり誰かの為に作るという感覚が非常に強くなってきたように感じてます。

      クライアントの方々に喜んでもらいたい!
      出演者の方々の魅力を最大限出してあげたい!
      カラオケルームで作った映像を見ている人に楽しんでもらいたい!


      こんなことをずっと考えながら制作に取り組んでいました。

      企画から完成まで、これで良いのだろうか…もっと良い方法があるのではないだろうかとずっと悩みながらでしたが、最後にクライアントの方々から喜んでいただき嬉しかったです。

      ▼今回作った作品がこちらから見られます▼