AX-ON
axon

Site Report

NEWS /

2022.06.22

解説放送って何!? 音声で テレビを”観る”お手伝い

町野洋彦

町野洋彦
メディアコンテンツセンター 字幕・解説放送制作部

    解説放送って何!? 音声でテレビを”観る”お手伝い

    解説放送って何!? 音声でテレビを"観る"お手伝い

    視覚障がい者の方々にも、番組を楽しんでいただく放送サービスです。
    本編の音声だけでは伝えきれない台本のト書きにあたる場面設定、出演者の表情、動きなどを
    副音声による音声解説(ナレーション)で補足してお伝えします。

    ➤ 日本テレビにおける[解説放送]の歴史

    1983年に『火曜サスペンス劇場』で初めて開始。
    現在はドラマ・邦画・アニメ・一部バラエティー番組にレギュラーで解説放送を実施。
    創設38年、年間およそ840本制作のノウハウ×実績のあるナレーター(声優)の表現力を活かした
    オーディオコンテンツを制作。

    解説放送を聴けるのは、新聞や録画時の番組表に[解]もしくは[多](*一部)のマークが付いた番組が対応番組です。
    また対応番組には、冒頭に[解説放送]という告知テロップが表示されます。

    字幕・解説放送[副音声]

    テレビリモコンの音声切替ボタンを押して[副音声]に切り替えると、[解説放送]をお楽しみいただけます。
    録画して利用する場合、 レコーダーの”録画モード”を[DR]にしないと聴くことができない機種もあります。

    テレビリモコン
    音声切替ボタンを押すと解説放送[副音声]が利用できます。

    ※リモコンの機種により、ボタン位置・切替操作方法が異なる場合があります。

    [解説放送]描写ポイントの例

    行動・仕草

    行動・仕草、日時・場面

    表情➤例)ニヤリとする
    思考➤例)…を企てる
    行動➤例)ふと立ち止まる
    日時➤例)翌朝とか深夜

    日時・場面
    人物説明

    人物説明、テロップ

    場面説明➤例)車の中
    人物説明➤例)御曹司の○○、○○家の長男
    テロップ➤例)テロップ読み、セリフテロップのボイスオーバー

    テロップ
    文字読み

    文字読み、人物描写

    文字読み➤例)手紙や看板の文字や新聞の見出し
    人物描写➤例)見つめあう○○と○○、コーヒーカップを手にした○○

    人物描写

    [解説放送]の制作工程

    ▼ 素材受取 ▼

    番組側とやり取り、映像データおよび素材受け取り

    番組側とやりとり、映像データおよび素材受取
    ▼ 原稿制作 ▼

    番組映像の流れを確認、解説ナレーションの原稿制作

    番組映像の流れを確認、解説ナレーションの原稿制作
    ▼ 収録[MA] ▼

    番組映像の流れを確認、解説ナレーションの原稿制作

    番組映像の流れを確認、解説ナレーションの原稿制作
    ▼ 試写[PV] ▼

    最終チェック[PV業務]

    最終チェック[PV業務]

    日本テレビ[解説放送]対応番組(2022年6月現在)

    放送日時 番組名 アイパートナー
    月~土曜/11:45~11:55 キユーピー3分クッキング 佐藤 朱
    水曜/22:00~23:00 水曜ドラマ『悪女(わる)
    ~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~』
    富沢 美智恵
    水曜/翌1:29~1:59 東野・岡村の旅猿21 三戸 耕三
    金曜/10:55~11:25 それいけ!アンパンマン 石丸 博也
    金曜/21:00~22:54 金曜ロードショー
    *不定期(主に邦画作品)
    *作品による
    土曜/9:25~10:30 ぶらり途中下車の旅 一城 みゆ希
    松岡 由貴
    土曜/22:00~22:54 土曜ドラマ『パンドラの果実
    ~科学犯罪捜査ファイル~』
    江原 正士
    日曜/5:55~6:15 日テレアップDate! こおろぎ さとみ
    日曜/7:00~7:30
    (読売テレビ)
    日曜/6:30~7:00
    (日本テレビ)
    遠くへ行きたい 佐藤 朱
    日曜/17:30~18:00 笑点 日本テレビ
    アナウンサー
    日曜/22:30~23:25 日曜ドラマ
    『金田一少年の事件簿』
    山口 由里子
    日曜/翌0:55~1:25 NNNドキュメント 鈴木 賢

    制作者として心掛けていること

    制作者として心掛けていること

    • セリフの流れを乱さないリズム感を大事にする
    • 形容詞を多用したり、心理描写はなるべくしない
    • 耳からの情報でイメージ変換を容易くできるよう、端的な言葉で区切る
    • 風景・人物像など、イメージしやすくなるよう多角的な描写を心掛ける
      (部屋の間取り・髪型・背格好・服装・行動の癖)
    • BGM・SE・決まりジングルは番組側の演出と捉え、邪魔にならないよう配慮する

    解説放送でアクセシビリティを高めることはSDGsの達成にもつながるでしょう。
    さらに、通勤中や家事をしながらなど、映像を見られない状況下でも“耳”でお楽しみいただけます。
    福祉の観点からも、今後充実されることが望まれており、社会貢献度の高い業務だと感じています。ぜひ一度お聴きください。