AX-ON
axon

Site Report

NEWS /

2021.06.02

BS日テレ『ぶらぶら美術・博物館』字幕放送ついにスタート!

長谷川 智

長谷川 智
メディア事業センター 字幕・解説放送制作部

    ぶらぶら美術・博物館

    2010年4月6日からBS日テレで放送中の『ぶらぶら美術・博物館』(毎週火曜20時~20時54分放送)で字幕放送がスタートしました!

    「マスク着用で声が聞き取りにくくなってしまった」
    「耳に不安がある」
    「諸事情でTVの音量を上げられない…」

    コロナ禍でのそんな視聴者からの声で字幕付与のお話をBS日テレの担当プロデューサーからいただき、2021年4月20日放送分より字幕放送が開始されました。

      字幕を制作してみて…

    番組は元々、作品をじっくり見せるためあえてテロップが少ない番組です。
    そこへ字幕を付けることで、番組で紹介される作品の情報やナビゲーターの山田五郎さんが解説する専門用語などを、視聴者の方が目で見ることで頭に入りやすく、より詳しく伝えることができると感じました。

      制作で工夫している点…

    舞台が美術館・博物館のため、映っている作品になるべく字幕がかぶらないように配置するなど工夫し制作しています。
    また解説してくれる案内人の方のコメントには、字幕放送では色をつけ、「見やすく・分かりやすく・読みやすい」字幕制作を心掛けています。
    さらに常用漢字であっても、普段あまり目にしない作品名や技法などにはルビを付け、誤読のないように毎回勉強して間違いのないように作っています。

    ☆ 「見やすく・分かりやすく・読みやすい」字幕制作の例 ☆

    運中阿弥陀如来図

    双鶏若松梅花遊鯉図屏風

      制作での苦労話…

    字幕制作は、聞き打ち(映像を聞きながら文字を起こす)で作業しているため、話し声がかぶったりと聞きづらい箇所があると、入力するスタッフ間で相談しながら作業をするのですが、それでも音がクリアではない箇所は正解にたどり着くまでにとても時間がかかります。
    また名画・彫刻・文化財・人物などの固有名詞を間違えないように細心の注意を払って制作に当たるため、検索魔のごとく時間も忘れてパソコンに張り付いていることもしばしば。

      最後に…
    • ※メーカーにより異なります

      ※メーカーにより異なります

      忌々しいコロナ禍がきっかけでいただいた番組ですが視聴者の方々に、「より伝わりやすく表現できるツール」の1つとして字幕放送を1番組でも多くお届けできるよう、日々、皆で力を合わせて1本1本を大切に制作しております!
      ぜひリモコンの字幕ボタンをONにして『ぶらぶら美術・博物館』を今後ともお楽しみください!

      筆者:長谷川智

      筆者:長谷川 智


    ~☆ 番組概要 ☆~

    ぶらぶら美術・博物館

    BS日テレ/毎週火曜20時~20時54分放送

    誰もが一度は目にしたことがある名画・彫刻・文化財。
    この番組では、そんな古今東西の文化を、時空を超えた”ライブなお散歩感覚”で体験します。
    作品の裏にある背景・エピソードを知れば、美術館・博物館はぐっと身近で楽しいものに!