AX-ON
axon

Site Report

NEWS /

2019.12.25

AX-ON people多賀麻文が全日本2連覇に貢献!
AX-ONから五輪代表候補誕生!?ラクロス観戦&放送後記

西山健太郎

西山健太郎
スポーツセンタースポーツ2部

    • AX-ONから五輪代表候補誕生!?ラクロス観戦&放送後記
      1列目左から5番目が我らが多賀です!

      「こんなにスゴい選手だったとは知らなかった」

      news zeroで櫻井翔キャスターがラクロスのVTRを観た後の一言です。
      まさに自分も同感でした…。
      多賀がこんなスゴい選手だったなんて。

      12月15日、ラクロス全日本選手権・決勝。
      zeroスポーツでおそらく初めてラクロスの取材。
      注目はなんと言っても、クラブチームNeOの攻撃の要で、AX-ONスポーツ2部で働く多賀麻文。
      自分の後輩を取材する日がついに来ました。

    • AX-ONから五輪代表候補誕生!?ラクロス観戦&放送後記
      インタビューを受ける多賀

      AX-ONから五輪代表候補誕生!?ラクロス観戦&放送後記

      AX-ONから五輪代表候補誕生!?ラクロス観戦&放送後記
      試合中の多賀の雄姿

      まずは、ウォーミングアップ。
      そこで初めて”ラクロス選手・多賀麻文”を目の前で見たのですが、正直、圧倒されました。
      これまで、多くのトップアスリートを取材してきましたが、多賀の練習姿はまさに他の競技の一流選手と同じものだったのです。 これから大一番に挑む前の真剣でひたむきな姿。
      あいさつをしようかと思いましたが、簡単に声は掛けられないと感じ、自分の中でも緊張感が高まりました。

      そして、試合。
      ラクロスのプレーも初めて見たのですが、ルールもそれほど複雑ではなく、すぐに楽しむことができます。
      パス・シュート・ドリブルのスピード感、そして、意外と激しい選手同士のぶつかり合い。ラクロスの醍醐味を肌で感じることができ、また新たなスポーツの面白さを勉強することができました。
      その中で、アシストを決めるなど攻撃の要として活躍を見せる多賀。試合途中のミーティングでは、率先してチームメートに話しかける姿に、AX-ONの仕事と同様、たくましさを感じました。

      これからも応援します!

      チームの中心選手として多賀は見事、全日本2連覇に貢献!
      この様子を翌日のnews zeroで無事OAすることができました。
      そのVTRを観た櫻井キャスターの感想が「こんなにスゴい選手だったとは…」。
      ラグビー担当である多賀は、櫻井さんとラグビーの現場で一緒になることが多くありました。
      ですので、櫻井さんは多賀の一生懸命働いている、ディレクターの仕事ぶりを知っている
      のです。こんなにテレビの世界で働いているのだから、ラクロスをやっているといっても”草ラクロス”レベルではないのか…そこまでは言っていませんが、思っていたかもしれません。

    • AX-ONから五輪代表候補誕生!?ラクロス観戦&放送後記

      AX-ONから五輪代表候補誕生!?ラクロス観戦&放送後記

      でも、多賀は違いました。忙しい仕事の合間をぬって、ほぼ毎日練習し、土日は試合にも出ている。休みなく、「二刀流」でディレクターとラクロス選手を両立して頑張っているのです。
      自分も、普通に仕事場で接している多賀からは想像できませんでした。でも、目の前で見た、その姿はまさに一流アスリート。後輩ながら、尊敬できる人物です。

      多賀の好きな言葉は『好奇心』。これまで辛いことも多かったであろう仕事との両立も、好奇心があるからこそ乗り越えられているのだと感じます。
      2028年ロス五輪で採用される可能性があるラクロス。五輪出場という大きな夢に向かって、これからも応援していきたいです。

      2019/12/16 日本テレビ【news zero】
      23:00~24:00内でOA済み