AX-ON
axon

Site Report

NEWS /

2019.04.10

東京マラソン2019「世界記録保持者と走った42.195km」
4月14日(日)BS日テレ17:30~「ストロングポイント」企画

高橋岳治

高橋岳治
スポーツセンタースポーツ1部

    • 2019年3月3日(日)「東京がひとつになる日。」東京マラソン2019が開催されました。日本記録保持者の大迫傑選手が途中リタイア、中央大の堀尾謙介選手が日本人トップとなるサプライズ満載だった今年の東京マラソン。
      そんな中、一人の女性ランナーが来年の「東京オリンピック・パラリンピック」を見据え走っていました。視覚障碍者マラソン・女子の世界記録保持者であり、リオパラリンピックの銀メダリスト、道下美里選手です。身長144㎝と小柄ながら、テンポよくピッチを刻む独特のピッチ走法で世界と戦うまさに大和撫子です。

    • 道下美里選手@東京マラソン2019
      東京マラソン2019スタート地点にて、道下美里選手(真ん中白いレインコート着用)

      リオパラリンピックの銀メダリストの
      「撮影伴走」を担当!

      今回、私は東京マラソンを走る道下さんの「撮影伴走」を担当させて頂きました。
      撮影伴走とはスタートからゴールまで小さなカメラを持って併走しながら撮影する仕事で、今大会は道下さんを定期的に特集しているBS日テレ「ストロングポイント」で放送されます。
      彼女の自己ベストは2時間56分14秒で、これは視覚障碍者マラソン女子の世界記録です。このタイムに併走できるディレクターということで、フルマラソン2時間53分32秒の自己ベストを持っている自分に話がまわってきたということです。

    • 今年の東京マラソンの中継は日本テレビです。市民枠の中継では、道下さん同様、様々な芸能人ランナーが走る姿をうつすので、どの位置を走っているのかなどスタッフの方でもサポート伴走があります。それを行うのは「日テレJC(ジョギングクラブ)」という日本テレビや関連会社、系列局など日テレ系の走ることが大好きなランナーたちが集まる日テレサークルのメンバー(タイトル画像)です。
      今回道下さんの伴走には日テレJCのお酒が誰よりも大好きな酒将こと木田さんと杉本さんが担当しました。私が撮影し、木田さんと杉本さんがポイント通過の連絡、他のランナーとの接触がないよう先導する役割です。
      二人とも自己ベスト2時間30分台という強者です。私も含め日テレJCトップ3メンバーでサポートする事になりました!
      そして道下さん本人にはガイドランナーとして前半20kmを志田さん、後半22.195kmを堀内さんが担当されました。

    • 道下美里選手@東京マラソン2019
      左から杉本さん(サポート伴走) 道田選手 志田さん(ガイドランナー)

      東京マラソン2019
      左から木田さん(サポート伴走)、杉本さん(サポート伴走)、道田選手、堀内さん(ガイドランナー)

      東京マラソン2019
      撮影伴走する執筆者

      雨の中のレース

      レース当日はあいにくの雨で、気温も上がらず、走るランナーにとって厳しい天候の中で行われました。私自身これまでロケなどで雨にあたったことがあまりなかったのですが…
      一緒に撮影した「ストロングポイントの女性ディレクター」が雨女だったようです。

      今年の東京マラソンの倍率は12.1倍。近年のマラソンブームの影響もあり、年々ランナーのレベルも上がってきている気がします。これまでなら3時間を切るランナーは少なく、20kmも過ぎれば、ランナーの数はかなりまばらになってくるものですが、今回道下さんのまわりにはずっと多くの一般ランナーがいて、ぶつからないように走るのが本当に大変そうでした。
      道下さんは目が見えないためガイドランナーの方が「右にスライド」「左にスライド」「ゆっくり右にカーブ」といった声かけしながら走るのですが、まわりのランナーが多く、とにかくケガのないよう完走する走りになってしまいました。

      天候も悪く、なかなか厳しいレースになりましたが、来年の東京パラリンピックでも走るコースの箇所もあり、試走としては非常にいい経験になったと道下さんも仰っていました。来年の本番で一番いい色のメダルをとるために、今回の走りが少しでも役にたつといいなと本当に思います。

    • 道下美里選手@東京マラソン2019
      道下美里選手、ゴール!!

      声援と、期待と

      そして今回、道下さんと一緒に走って印象に残ったのが沿道や他のランナーからの声援です。
      何度も「道下さんだ」「道下さん、頑張って!!!」という声援を耳にしました。
      道下さんの認知度の高さ=パラスポーツへの認知度の高さだと思いますし、来年の東京パラリンピックへの期待の高さでもあると思いました。

    • レースでの彼女の走りは…4月14日(日)BS日テレ「ストロングポイント」で是非御覧ください!!!
      「ストロングポイントの女性ディレクター」が素晴らしい内容にしてくれているはずです。

      4月14日(日)BS日テレ
      「ストロングポイント」
      17:30~18:00