AX-ON
axon

Site Report

NEWS /

2019.12.18

感動!スポーツクライミング in フランス

中西真紀

中西真紀
スポーツセンター スポーツ1部


    皆さん、スポーツクライミングをご存じですか?
    東京2020オリンピックから正式種目に採用され、街中にはジムが急増、愛好者も増えています。

    ジェイ・スポーツで今年の春からワールドカップ中継を担当させていただき、競技の知識は多少つきましたので紹介させてください。

    スポーツクライミング、日本は世界最強です。
    すでに男女2名の出場枠のうち1名は、楢﨑智亜選手、野口啓代選手に決定。
    残り1名の代表をめぐって今激しい戦いが繰り広げられています。


    そんな選手たちを取材しようとはるばるフランス・トゥールーズまで行ってきました。
    トゥ―ルーズはエアバスの工場があり、別名「バラ色の街」とも言われ景観がとてもきれいなところです。

    トゥールーズの街トゥルーズの街・「バラ色の街」
    とってもビューティフル!

    トゥールーズ空港
    トゥールーズの空港、エアバスの工場が見える!


    ★トゥールーズの夜ご飯★

    ピザ
    夜ごはんは日本食か、イタリアン。
    イタリアに近いせいかピザは激うま!

    日本食
    居酒屋はフランス人にも大人気!
    店員は日本語ペラペラでした。


    大会はオリンピック予選といわれ、世界から選ばれし男女22名ずつが出場。
    国によっては、この大会の決勝に残れば即オリンピック内定ということもあり会場のあちらこちらでドラマがありました。

    • 会場

      オリンピック予選の会場、街中から距離はあるものの、連日満員!
      日本よりもフランスのほうがジムも愛好者も多い

      ウォール

      ボルダリングのウォール、画面右上のTOPを目指す!
      決勝は課題が3つ。制限時間内は何度チャレンジしてもOK!

    • 決勝には、男女それぞれ8名が進出。
      競技はオリンピックと同じコンバインドと呼ばれ、スピード、ボルダリング、リードの3種目を1日で行います。
      日本からは、男子が藤井快(こころ)選手、オリンピック内定の楢﨑智亜選手の弟・明智選手、女子は伊藤ふたば選手、森秋彩選手のが決勝に進出しました。

      手に汗握る展開で、男子は逆転で藤井選手、女子は伊藤ふたば選手が優勝と日本勢が大活躍!

      しかし、残念ながらこの大会でどんな結果がでても日本勢は即オリンピック内定とはなりません。
      スロベニア代表

      スロベニアの美人クライマー、ルチカ・ラコベッツ(左)とミラ・クランブル(右)
      普段からとても仲の良いふたりだが、結局オリンピック代表争いはミラに軍配!

    日本の選考方法が少し複雑で簡単には説明できないのですが、つくづく出場枠が1国に最大2名しかないのが、本当にもったいないと思います。

    今選手はつかの間のオフに入り、年が明けてから国内大会、4月からはワールドカップを転戦、残り1枠はおそらく5月に決まります。
    とは言え、今の日本のレベルを考えるとオリンピックでメダルはかなりの確率で、金メダルの可能性も大です。

    なお日本の女子クライミングを特集したドキュメンタリーTheREALを来年2月21日(金)にジェイ・スポーツで放送予定です。