AX-ON
axon

Award

NEWS /

2018.12.25

【速報】第56回ギャラクシー賞
第20回ヤング映像クリエーターを励ます賞
AX-ONから3作品受賞!

羽佐間桃子

羽佐間桃子
企画戦略センター 企画戦略部

    第56回ギャラクシー賞

    「ギャラクシー賞」(NPO法人放送批評懇談会)は、日本の放送文化の質的な向上を願い、優秀番組・個人・団体を顕彰するために1963年に創設され半世紀を超える歴史ある賞です。

    テレビ、ラジオ、CM、報道活動の四部門から成り立っており、年間を通して日常的に番組や作品を視聴し、日々の放送の中から優秀作を見つけ、放送批評懇談会の会員が一貫して審査にあたり、各部門の優秀賞、大賞を決めるという独立性を維持しています。

    線

    <ギャラクシー奨励賞>
    ◆「満願」 第一夜「万光」 第二夜「夜警」
    制作統括・プロデューサー 仲野尚之

    線

    授賞式は来年5月31日です。

    第20回ヤングクリエーターを励ます賞

    「ヤング映像クリエーターを励ます賞」(日本映像事業協会主催)は、”未来の放送業界を作り上げていく、才能豊かで将来性のある新人を育てていきたい”という意味が込められ、年に一度30歳以下のクリエーターの中から将来有望な若いクリエーターに賞が贈られます。

    線

    <優秀賞>
    ◆小林哲平 「天才のシロクロード」

    <努力賞>
    ◆菅和也 「アスリートの魂・西村碧莉」

    線

    授賞式は来年1月30日です。

    授賞式の様子は追ってお伝え致します!