AX-ON
axon

Site Report

NEWS /

2017.12.04

新規事業VR「360Channel 胸キュン♥バス」
私の妄想と欲望が形になりました

右京美穂

右京美穂
ニュース・ライブセンター ライブ部

    私は最初、VRに関してまったくの素人でした。
    しかし10周年プロジェクトに参加しVRのことを徐々に学んでいくうちに、「私が日頃妄想していることをVRの企画にすれば、共感してくれる女性がたくさんいるのでは!?」と思いました。

    私はよく徹夜明けで、1人、東京駅からはとバスのオープンバスに乗り東京の名所を巡るツアーに参加します。
    その時にいつもバスに揺られながらこう思うのです。

    「ああ…もしも、この座席の回りにたくさんのイケメンが座ってたらなぁ…♥
    しかもそのイケメンが全員、私のことを好きだったらなぁ…♥」


    この妄想をそのまま形にしたのが、イケメン達に360度囲まれて胸キュンしながら一緒に東京の名所を巡るバスツアーVR映像です。

    しかし、VRの撮影や編集はもちろん初めてなので、戸惑いばかりで試行錯誤の連続でした。
    • カメラテストの様子。オープンバスでの初の撮影だったので実施。 カメラテストの様子。
      オープンバスでの初の撮影だったので実施。


      撮影は6つのレンズが付いた360度カメラで行うため、スタッフはどこにいてもカメラに映ってしまいます。
      その為、基本的に現場にスタッフはいることができません。
      今回使用したVRカメラ。Insta360。 今回使用したVRカメラ。Insta360。
    • 普段カメラの横で演者にカンペやキュー出しをしていたので、現場にいることができないことに戸惑いました。

      そこであらかじめ、演者に、はとバスから見える景色の映像を何度も見てもらいリハ―サルを重ねました。
      そして本番は約10分間の1発勝負。
      スタッフはバスの下で見守ることしかできません。
      バス1階でカメラ、音声をチェックしながら撮影。 バス1階でカメラ、音声をチェックしながら撮影。

    ♥♥♥♥♥

    編集はまず、6つのレンズで撮影した映像を組み合わせて360度の映像を作ります。
    そして私はそこに、せっかくバスに乗っているのだから、今どの道を走っているのかという標識テロップと胸キュンセリフのテロップを入れたいと思いました。
    しかし、VR映像にテロップをたくさん入れることはあまりないそうで、通常のノートパソコンのスペックだと1秒の書き出しに約1分もかかるという惨事が発覚しました。

    それでもなんとか希望通りのテロップを入れきることができ、永井プロデューサーをはじめ、たくさんの方々のご協力のおかげで完成しました。

    VRゴーグルを装着しなくても見られるのですが、できればヘッドセットゴーグルを、なければ100均で売っているVR用のゴーグルを装着していただき、是非女性の方に見ていただきたいです!

    ♥VR動画配信サービス「 360Channel (https://www.360ch.tv/)」で12月1日から配信開始♥

    ♥AX-ON スタッフ♥
    企画&演出:右京美穂
    プロデューサー:永井和克
    アシスタントプロデューサー:山崎麻里江