AX-ON
axon

Site Report

NEWS /

2018.04.16

初の海外出張!フィギュアスケート世界選手権
@イタリア・ミラノ

和田良樹

和田良樹
スポーツセンタースポーツ2部

    • 3月20日~28日でイタリア・ミラノにフィギュアスケート世界選手権の取材に行ってまいりました!!
      シーズン最後の大舞台。翌年の日本で開催される世界選手権の出場枠をかけ、奮闘する日本代表選手の熱い演技を目にすることができました!!

    • ミラノ、フィギュアスケート世界選手権取材
      イタリア・ミラノの観光名所「ドゥーオモ」

      「パスポート持ってる?来週からイタリア行ってほしいんだけど」

      この度4年目にして初の海外出張が決まったのは、先輩の一言からでした。
      (この4月で5年目になりました!)

      フィギュアスケート担当ではあったものの、自分が海外取材に行くなんて当分先のことだと思っていたので、まさかの一言。
      半分くらい状況を把握できないまま「わかりました」と二つ返事で初の海外出張が決まりました・・・・・

      そこからは準備でバタバタ。
      ホテル・飛行機の手配、保険の手続き、コーディネーターさんと現地でのスケジュールのすり合わせ、社内に提出する書類やら・・・etc
      準備が全て終えたのは出発の前日でした。

    • ミラノ、フィギュアスケート世界選手権取材
      乗り換え地のパリ・シャルルドゴール空港

      そんなバタバタで迎えた出発当日。
      一人で海外に行くこと自体が初めてで、しかも乗り換えがある・・・・(※パリ経由イタリア・ミラノ行)
      少し前に行った先輩はロストバゲージをして・・という話もあり不安をぬぐいきれないまま飛行機へ。

      不安のまま迎えた乗り換え。飛行機の遅れから少し迷うと乗り遅れてしまう時間。
      普通の人であればなんてことないことだと思いつつ、自分にとっては一大ミッション。

    • ミラノ、フィギュアスケート世界選手権取材
      会場前にて(本記事筆者)

      ミラノ、フィギュアスケート世界選手権取材
      ミラノ、フィギュアスケート世界選手権取材
      メディアルームに常時用意されている食事

      自分がわかる数少ない英単語「エクスキューズミー」で話しかけ、チケットを見せて「乗り換えをしたいんです」という表情を作り、係員の指さす方へ歩く。そんな人の優しさに存分に甘えることを繰り返し、なんとか無事乗り換え達成!!!
      体も荷物も無事イタリアに到着しました。

      今大会、男子ではケガの影響で羽生選手は欠場しましたが、平昌五輪銀メダルの宇野昌磨選手を筆頭に友野一希選手と田中刑事選手。女子は平昌五輪で自己ベストを更新し4位に入った宮原知子選手と2年連続の出場となる樋口新葉選手が出場。
      現地では権利の関係で競技が撮れないため、カメラマンはおらず撮影は自分が回すデジのみ・・・・・
      競技は撮れませんが会見やメダルセレモニー、大会後の選手インタビュー・選手の会場入りなどを撮影。
      普段が適当なわけではないのですが・・・
      海外出張に来ているからか
      「ちゃんとRECされているか」
      「音はちゃんときているかな」

      などなど、いつもの何倍もミスがないようにチェックを繰り返していました(笑)

      余談ですが・・・・

      フィギュアスケートの大会はリンクが少ない事もあり、全選手が練習と本番の演技を行う為ほぼ一日中リンクでは誰かが滑っています。
      そのため取材も朝は早いと7時くらいから夜は24時過ぎまで行うこともあります。
      もちろんずっと取材というわけではなく、取材しては待機して取材して・・・という流れを繰り返します。

      そんな待ち時間で、楽しみなのが食事。
      メディアルームでは食事が常時用意されており、待ち時間にしっかりイタリアのご飯も堪能できました!!!

    • ミラノ、フィギュアスケート世界選手権取材
      いろんなメディアに囲まれながら撮影する筆者

      ミラノ、フィギュアスケート世界選手権取材
      会見場でセッティング中

      ミラノ、フィギュアスケート世界選手権取材
      メダル獲得後の宮原選手を撮影する筆者

      取材始めは宇野選手が靴を新しく替えた影響で足を痛め、出場するかも危うい状態というハラハラする出来事もありましたが終えてみると・・・

      男子では宇野選手がケガで万全の状態ではなかったものの2年連続の銀メダルを獲得。そして友野選手が初出場ながら自己ベストを更新して5位入賞。女子では樋口選手が銀メダル、宮原選手が銅メダルという日本人11年ぶりのダブル表彰台となる快挙!!
      その各選手の活躍により、男女とも来年の世界選手権の出場枠最大の「3」を獲得しました!!

      *★*――――*★* *★*――――*★*

      ちなみに今回の取材分は担当番組の「Going!Sports&News」「news every」などで放送されました。やはり選手の活躍や快挙を自分の取材で伝えられるというのは、嬉しいの一言につきます!!
      今後も海外での取材を任せてもらえるように、より一層日々の業務を頑張ろうと思えた取材でした!!

      (帰りは不安なく乗り換えできたのですが、機内食に当たったのか飛行機内で胃腸炎になってしまい、無事に帰国とはいかず・・人生良いことと悪いことのバランスは取れているものだと痛感させられた取材にもなりました・・・・)