AX-ON
axon

Site Report

NEWS /

2018.04.12

「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」
ドラマも現場も働き方改革!

本多繁勝

本多繁勝
制作センター制作1部

    • 「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」4月14日(土)よる10時スタート(初回15分拡大)

      菜々緒 演じる「人事の悪魔」と呼ばれる強烈なキャラクターのヒロインが、
      ハラスメントはもとより、社内恋愛のこじれ、職場の士気を下げる社員にいたるまで、
      どんな会社でも起こりうる問題を大胆な手法で解決していく様を、
      サスペンスチックにデフォルメして描く、
      一話完結のオフィスエンターテインメント。

    • 「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」4月14日(土)よる10時スタート(初回15分拡大)

      ♦♢♦♢♦♢♦♢♦

      「あなたには会社を辞める権利があります」

      ヒロイン・椿眞子の職業は、今や日本中の働く人々全てに他人事では無くなった「働き方」の問題に向き合う人事コンサルタント。
      彼女は老舗保険会社に乗り込み、人事部に配属された新入社員・博史を巻き込んで、一見非情で不条理に見える「悪魔のような」強引なやり方で、会社が直面する問題を解決していく。

      ♦♢♦♢♦♢♦♢♦

    • 「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」撮影現場から
      ローテーションでセットで働く助監督・岡本

      「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」撮影現場から
      ローテーションで皆が撮影中
      準備にまわる助監督・柴田

      「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」撮影現場から
      ローテーションの現場にて
      仕事を引き継ぐ助監督・岡本、鯨岡

      そんなドラマを創る
      われわれスタッフの働き方は
      どうなのか!

      2017年末、森プロデューサーから

      「今度の番組は働き方を変えようと思うんだ!」

      と話しがあった、

      「?(何をするんだ?)」

      半信半疑、少し怯えながら話を聞くと

      「普段の作品より演出部の数を増やしローテーションを組めないか!?」

      さらに「創作(D)」という部署を置き、撮影現場には出ないで、取材、作り物・原稿などを専門に作業する人間を置くなど、普段なかなか休みも取れずに働き続けるスタッフたちの労働時間を少しでも軽減させる取り組みだ。

      もちろん、スタッフを増やせばその分人件費諸々、普段より経費はかかる。
      しかし、誰かが何かをやらなければ、業界の働き方はいつまでも変わらない!
      まだまだ、全部のスタッフは無理だが、とりあえず演出部を普段より増員することになった。

      2月初旬、スタッフルームに演出部含め制作部、AP部が集まった!

    • 「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」撮影現場から
      人の多過ぎるスタッフルーム

      第1の問題発生!

      ・・・・・・椅子が足りない。

      そのほか、作業スペースの問題、ローテーションの組み方、引き継ぎの為に普段より作業時間が増えるetc…

      それでも、何とか3月11日晴天の中、クランクイン!
      その後、日によって現場にいる演出部が変わる、一風変わった現場が進んでいく。

    • まだまだ、改良しなければならない事がありそうだが、この作品の中で少しでも改善できる方法を見つけていければと思っています。

      「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」
      4月14日(土)よる10時スタート(初回15分拡大)
      ご期待ください!

      <AX-ONスタッフ>
      プロデューサー:
      森雅弘(NTV兼任)、本多繁勝
      助監督:
      岡本充史、鯨岡弘識、柴田裕基
      VFX:
      菊間潤子、松本絵里子