AX-ON
axon

Toshihiro Endo

CREATORS /

遠藤 寿寛
2010年入社

「Going! Sports&News」ディレクター
「NEWS ZERO」ディレクター
「中居正広の6番勝負!」ディレクター

  • pic_endo_interview01

    箱根駅伝に出場したからこその苦悩

    明治大学時代4年間陸上をやっていて3年生4年生と箱根駅伝に2回出場しました。誰かの生活の一部になるものを作り上げたいという思いがあり、中学生の頃からテレビの仕事をしたいと思い始めました。自分が箱根駅伝で走った経験が活かせるならば日テレ関係の会社がいいのかなと思ってアックスオンに入社しました。そして入社1年目で箱根駅伝のADを担当したのですが、そこでいきなり壁にぶち当たりました。悔しくて泣いている選手にカメラを向けられなかったんです。先輩にめちゃくちゃ怒られました。今では、その怒られた意味はよく分かります。選手が全力で走っている以上、それを一番分かっている僕は、全力で仕事に向き合わなければいけなかったんです。

  • pic_endo_interview02

    追い続けられることがスポーツの魅力

    ロンドン五輪では特番のチーフADとして番組作りを一生懸命やってきたんですけど、その時自分が携わったアスリートの方たちが活躍するのがリオ五輪だと思うし、その時にアスリートの人と接してきたものがひとつの形になると思います。特番でパラリンピアンの選手を取り上げさせていただいたんですが、その方が「何もできないことはない」とおっしゃっていました。私の中でパラリンピアンとはハンディキャップを背負っているというネガティブなイメージだったんですけど、何もかもすべてご自分でやっていらっしゃって、むしろ健常者より輝いているように見受けられました。その方が次のリオ五輪で活躍されるのを目の前で見ることが楽しみなんです。長くつきあっていくというか、長く魅了されるというきっかけになるということがスポーツのお仕事をしていて、良いことだなと思います。

  • pic_endo_interview03

    100%で取り組むことで見えてくる

    学生の皆さんは、全力で何かをやりきったという経験があるといいと思います。それは必ずしもスポーツや勉強である必要はないと思います。むしろバイトとか親孝行でもよくて、でもそれが中途半端なことではなく全力でやったということが大事。僕は箱根駅伝に出させてもらったし、それに向けて全力で陸上をやってきた。でも、逆に僕は陸上をやっていたためにバイトをやったことがないので、バイトを全力でやった人はすごいと思う。僕が仕事で向き合っているアスリートは100%で戦っているし、この映像業界に関しても100%でやる人たちの集まりなので、そこで力を発揮するなら「100%やる」という下地があったほうがいいと思います。100%出して、スポーツに取り組むのも、仕事をしていくも楽しいことだと思うのです。

  • ON

    • 移動

      10:00移動

      ラグビーW杯で活躍した選手たちが出場する、トップリーグ開幕戦の取材。朝から名古屋へ出張です。

    • 取材

      13:00取材

      試合開始前、ラグビーファンに突撃取材を敢行。
      初めて見に来たというお客さんも多く、ラグビー人気を改めて感じました。

    • 帰京

      16:00帰京

      編集のため、弾丸で東京へ帰京。残念ながら名古屋名物を口にすることはできず…駅弁を食べながら、新幹線でニュースの内容を考えます。

    • 編集

      20:00編集

      撮影してきたばかりの映像を、さっそく編集。取材して感じたラグビー熱を
      どんな映像と原稿にすれば視聴者に伝わるか、試行錯誤しながら編集していきます。

    • Going!OA

      24:00Going!OA

      編集したニュースが無事にOA。1日かけて取材したものや何日もかけて編集しVTRが積み重なって、番組ができています。

    • 翌日の準備

      26:00翌日の準備

      反省会が終わると、翌日の準備をして1日が終了。隣はOAが終わってテンションが上がっている先輩です(笑)

  • OFF

    • 起床

      11:00起床

      休日は基本的に寝ています…この日は買い物に行くため、睡魔と葛藤しながら起床。

    • 買い物

      13:00買い物

      気に入ったものを見つけるために、3~4時間歩き回ることもしばしば。この日は、仕事でも使える大きなリュックを購入。

    • 読書

      17:00読書

      家に帰って読書。長編の小説よりも、短い単行本を1日で一気に読むタイプです。

    • 夕食

      20:00夕食

      夕食は友人と鍋。普段はどうしてもお弁当が多く、栄養が偏った食事が多いため、休みの日はできるだけ野菜を食べるようにしています。

    • 風呂

      22:00風呂

      疲れを癒すお風呂。出張先で購入した、その土地限定の入浴剤を買って入れるのが楽しみです。

    • 翌日の準備

      24:00翌日の準備

      就寝前にメールを確認。翌日の準備をして、次の日に備えます。