AX-ON
axon

Akino Suzuki

CREATORS /

CREATORS OFドラマ・映画

鈴木 亜希乃
2011年入社

NHK BSプレミアムドラマ「お父さんは二度死ぬ」企画・プロデューサー
平成25年度「ヤング映像クリエーターを励ます賞」経済産業大臣賞受賞
連続ドラマ「明日、ママがいない」アシスタント・プロデューサー
連続ドラマ・劇場映画「ST 赤と白の捜査ファイル」アシスタント・プロデューサー
連続ドラマ「デスノート」プロデューサー 他

  • pic_suzuki_interview01

    とにかく創作することが好き

    学生時代は自主制作映画を撮ってました。大学に入って1年目から自分で脚本を書いて、監督をしていました。1年に4作品くらい。卒業までに12本くらいは作りました。脚本家になりたかったんです。何か創作することが好きでした。映像学部ではなかったので、映像の勉強をしたくて、働きながら勉強ができればいいなと思って。とにかくドラマがやりたかったので、ドラマを作っている会社しか受けなかったんです。

  • pic_suzuki_interview02

    作品を背負うということ

    ゴールデンタイムのドラマを1本、アシスタントプロデューサーとして担当していました。その後、「デスノート」でプロデューサーを担当しましたが、プロデューサーとアシスタントプロデューサーの差をすごく感じました。アシスタントプロデューサーの立場では決められない、決断しなければならないということもたくさんありましたし、ポジションによる責任の差は凄く感じました。それぞれの仕事で、それは大事なんですけど、プロデューサーとして作品を背負わなければならないんです。その時に以前担当した番組の先輩プロデューサーが作品を背負ってくれている姿を思い出して、それがプロデューサーなんだなということを学びました。先輩プロデューサーの背中を見て学んだという感じです。

  • pic_suzuki_interview03

    パワフルな会社

    アックスオンにいるから、豊かな人間になれるという気もします。仕事もいろんなことができるのもそうですけれども、私も情報番組やバラエティーもやりましたし、パワフルなんじゃないかと思います。

    夢は脚本家になること

    夢は脚本家になることですね。いつか作品を撮ってみたいなとも思います。プロデュースと監督と脚本を担当するのは将来やってみたいですね。
    定年までに作ればいいんじゃないですかね(笑)

    人を楽しませたいという気持ちが大事

    相手にどう思って欲しいのか、相手を楽しませたいと思うとやっぱり強いですよね。まずそれに自分が喜びを感じるのかを考えて、相手のことを考えて、相手への思いやりがないといけない気がするんです。人を楽しませる気持ちが一番大事だと思います。

  • ON

    • ロケ集合

      6:00ロケ集合

      早朝6時。新宿に集合。これから出発です!

    • 台本確認

      6:30台本確認

      台本があがったので、台本のチェック。表紙のデザインも自分でします。

    • 割本確認

      7:00割本確認

      割本=監督のカット割り構成が、台本に書かれたもの!

    • 撮影

      8:00撮影

      ロケ開始。

    • 昼食

      14:00昼食

      ロケ弁当を食べる!

    • 撮影終了

      20:00撮影終了

      ロケ終了。また新宿に戻ってきて解散!撮影は次の日も早朝から始まります…

  • OFF

    • 洗濯

      10:00洗濯

      休みの日にしか出来ないことです。洗濯物は相当たまります。

    • 読書

      11:00読書

      アウトプットだけじゃなく、インプットも大切に。

    • ランチ

      13:00ランチ

      たまに一人でカフェに行きます。(正直に言うと年に2,3回…)

    • 仕事

      15:00仕事

      でも結局休みの日も、家で仕事をします。

    • 息抜き

      18:00息抜き

      飽きたら友達にLINEします。

    • おやすみ前

      0:00おやすみ前

      今日も1日お疲れさまでした!明日もがんばるぞ!